page contents

「界面活性剤(化粧品)」の記事一覧

ラウリン酸ポリグリセリル-10とはどんな成分?毒性の低いノニオンってホント?

美容・健康 界面活性剤 化粧品成分 界面活性剤(化粧品)

<スポンサーリンク> ラウリン酸ポリグリセリル-10とはどんな化粧品成分? ラウリン酸ポリグリセリル-10は、保湿作用の高い洗浄作用や乳化作用のある界面活性剤です。 食品添加物にも使われているような安全性が高い成分なので […]

*ミリストイルメチルアラニンNa*について。アミノ酸シャンプー成分の性質と安全性について

界面活性剤 化粧品 化粧品成分 アニオン界面活性剤(化粧品) アミノ酸系(化粧品) アニオン界面活性剤
ミリストイルメチルアラニン 泡 イメージ図

<スポンサーリンク> ミリストイルメチルアラニンNaとはどんなもの? ミリストイルメチルアラニンNaは、アミノ酸系の洗浄成分になります。 アミノ酸系の洗浄成分は、基本的には洗浄力がマイルドで低刺激なのが特徴。 「ラウロイ […]

【ココイルメチルアラニンNa】とはどんな成分?アミノ酸シャンプー原料の特性と安全性について

美容・健康 界面活性剤 化粧品 化粧品成分 アニオン界面活性剤(化粧品) アミノ酸系(化粧品) アニオン界面活性剤 界面活性剤(化粧品)
ココイルメチルアラニンNa 泡 イメージ図

<スポンサーリンク> ココイルメチルアラニンNaとはどんなもの? ココイルメチルアラニンNaは、「アミノ酸系」シャンプーに配合されている洗浄剤原料です。 アミノ酸系のシャンプーといえば、しっとり、柔らかで刺激が少ないとい […]

【ラウロイルメチルアラニンNa 】とは。アミノ酸系シャンプー成分の特性・安全性について

美容・健康 界面活性剤 化粧品 化粧品成分 アニオン界面活性剤(化粧品) アミノ酸系(化粧品) アニオン界面活性剤
ラウロイルメチルアラニンNa 泡イメージ図

ラウロイルメチルアラニンNaとはどんなもの? 敏感肌でお悩みのあなたは、髪の毛やお肌に優しくてマイルドな洗浄力の「アミノ酸系」のシャンプーを選ぶのではないでしょうか? 今回ご紹介するラウロイルメチルアラニンNaは、アミノ […]

洗顔、シャンプーのココイルグリシンK(ヤシ油脂肪酸グリシンK)はどうなの?安全性、刺激は?

美容・健康 界面活性剤 化粧品 化粧品成分 アニオン界面活性剤(化粧品) アミノ酸系(化粧品) アニオン界面活性剤 界面活性剤(化粧品)
ココイルグリシンK 原料 泡 イメージ

ココイルグリシンK(ヤシ油脂肪酸グリシンK)とはどんなもの? 「ココイルグリシンK」は、アミノ酸系の洗浄剤の成分になります。 シャンプーを選ぶとき、肌にマイルドな「アミノ酸系」の洗浄剤成分のものがなんとなく良さそうなイメ […]

コカミドプロピルベタインは安全なものなの?シャンプー、洗顔に入っていても大丈夫?

界面活性剤 化粧品 化粧品成分 洗剤成分 両性イオン界面活性剤 界面活性剤(化粧品)

コカミドプロピルベタインはどんなもの?   コカミドプロピルベタインは、ヤシ油由来の両性イオン界面活性剤です。 洗浄作用も優しく保湿作用があることから、赤ちゃん向けのシャンプーやボディソープによく使われています […]

アルキル(C12, 14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCIの成分と性質とは。

美容・健康 毛髪 界面活性剤 化粧品 化粧品成分 両性イオン界面活性剤 界面活性剤(化粧品)
シャンプー トリートメント コンディショナー イメージ図

アルキル(C12, 14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCIとはどんなもの?   アミノ酸由来の界面活性剤って聞いたら、シャンプーに含まれているアミノ酸系の洗浄剤を思い浮かべるのではないでしょうか? この […]

シャンプー、洗顔に使われているラウラミドプロピルベタインの成分について

界面活性剤 化粧品 化粧品成分 洗剤成分 両性イオン界面活性剤 界面活性剤(化粧品)

ラウラミドプロピルベタインとはどんなもの? ラウラミドプロピルベタインは、ヤシ油由来のベタイン系の両性イオン界面活性剤です。 「ラウラミドプロピルベタイン」という成分は、あまり馴染みは無いかもしれませんが、シャンプーの成 […]

ページの先頭へ