<スポンサーリンク>

ココイルメチルアラニンNaとはどんなもの?

ココイルメチルアラニンNa 泡 イメージ図

ココイルメチルアラニンNaは、「アミノ酸系」シャンプーに配合されている洗浄剤原料です。

アミノ酸系のシャンプーといえば、しっとり、柔らかで刺激が少ないというイメージがあるのではないでしょうか?

 

ココイルメチルアラニンNaは、どのような性質があるのでしょうか?

それでは見ていきましょう!

 

★ 使用用途別の表示

化粧品の表示と薬用商品(医薬部外品)の名称が変わってきます。

ちなみに、「ココイルアラニンNa」の「Na」とは、「ナトリウム」の略(元素表示)になります。

 

用途別の表示名称  表示名
 化粧品成分表示の名称 ココイルメチルアラニンNa
医薬部外品原料規格表示(薬用商品)の名称 N-ココイル-N-メチル-β-アラニン
INCI名(国際名称、英語表記) Sodium cocoyl Methylaminopropionate

 

 

★ココイルメチルアラニンNaの成分の特徴まとめ

成分の分類  界面活性剤(アニオン, 陰イオン)
作用・効果

洗浄剤原料

シャンプー、ボディーソープ、洗顔などに配合されている成分。

低刺激でマイルドな洗い心地が特徴。

洗浄力
(★が多いと強い。★6個が一番強

*1 参考文献)

★★☆☆☆☆

(洗浄作用は弱め)

構造 

(*3 参考文献)

ココイルメチルアラニンNa 構造式

原料

ヤシ油由来脂肪酸、アミノ酸原料:アラニン(N-メチル-β-アラニン)

 

ココイルメチルアラニンNaの成分の特徴・作用とは?

アミノ酸系のアニオン(陰イオン)界面活性剤に分類される原料です。

⇒参照:陰イオン界面活性剤の基本的な性質とは?

 

ヤシ油脂肪酸とアミノ酸原料からできたナトリウム塩で、「アミノ酸石けん」と呼ばれるものに分類されているものです。

 

基本的には、同じ原料由来の「ラウライルメチルアラニンNa」とほとんど一緒の性質です。

⇒参照:ラウライルメチルアラニンNaとは