<スポンサーリンク>

ベルガモット果皮油とはどんな原料?

ベルガモット果皮油 精油化粧品原料 イメージ図
化粧品の使い心地や機能を向上させるための天然香料成分として配合されているものです。

ベルガモット果皮油は、油性の精油成分で、アロマテラピーで使われているエッセンシャルオイルの「ベルガモット・オイル」と同一な成分内容のものです。

ベルガモット自体、あまりなじみがないですよね。

それもそのはず、基本的には食料

とはいうものの国内にいれば、どんな植物かはわからないまでもフレーバー・ティーの「アールグレー」や「香水」などで一度はベルガモットの香りを嗅いだことはあるはずです。

では、どんな性質があるのか見ていきましょう!

 

★ 使用用途別の表示

 

用途別の表示名称  表示名
 化粧品成分表示の名称 ベルガモット果皮油
医薬部外品原料規格表示(薬用化粧品)の名称
INCI名(化粧品の国際名称)

英語表記

Citrus Aurantium Bergamia (Bergamot) Peel Oil

 

(参考文献 *1)

 

★化粧品原材料のまとめ(分類、用途、主要な成分の構造と由来)

 

 

成分の分類 香料(植物精油、エッセンシャルオイル)
化粧品での配合目的・用途

(米国パーソナルケア製品協議会で名称登録時の用途)

 

 

 

 

 

香料

 

 

 

 

 

 

 

 

香りの特徴 甘さ少なめでさっぱりとした大人向けの柑橘系の香り
期待される効果・作用※

(*文献 2,3)

作用:精神の安定、消化の促進、抗菌、抗ウィルス、抗真菌、

 

香りの適応:不眠、ストレス、落ち込みなど

 

皮膚への適応:脂漏性皮膚炎、ニキビ、デオドラント、脂性肌など

 

構造

 

 

 

香料の主要な成分:d-リモネン(30〜40%)

主産地 イタリア、チュニジア、アフリカ
成分の起源(基原) ミカン科ベルガモット(学名:Citrus bergamia ※2)を低温圧搾して回収したもの

 

※1 文献を参照していますが、医薬品のように症状の改善が確実に保証されたものではありません。参照程度に留めておいてくださいね。

 

 

安全性について

フロクマリンを含有している柑橘系の原料のため、光毒性があります。

そのため、皮膚に塗布したままにする化粧品においては、配合量に制限があります。