<スポンサーリンク>

シャンプーをやめると毛が生えてくる?

 

”シャンプーをやめると毛が増える”というタイトルで、何もつけない美容法や湯シャンを推奨しているクリニック宇津木流の宇津木院長の著書があります。

・髪のお湯洗い方法とは

 

湯シャン(お湯洗い)をすると結果的には、薄毛を予防し、髪の毛が増えてくるということを宇津木院長自身や他の方の体験、考え方等を交えて書かれている書籍になります(※1参照図書 シャンプーをやめると、髪が増える)。

 

賛否両論がありますが、薄毛解消に関わっている部分を抜粋し、お伝えしていきたいと思います(後ほど、その項目について信憑性があるかみていきます)。

湯シャンをすると薄毛解消になる4つの理由とは(宇津木先生著書参照)。

宇津木先生の著書から湯シャンで薄毛解消になる部分を抜粋し、まとめてみました

 

1.皮脂腺が退縮し、髪に栄養が行き渡りやすくなる

シャンプーをすると皮脂が奪われ、皮脂分泌量を増やさなければならなくなるため、皮脂腺が発達・肥大化しやすくなるそうです。

湯シャンに切り替えると、皮脂を過剰に分泌する必要がなくなるため、髪の毛が作られる部分に栄養が行き渡りやすくなり、毛も太くなりやすくなる。

 

2. 毛包幹細胞が活発になる

毛包幹細胞とは、毛を作る毛母になったり、あるいは色素を作る細胞になったりとあらゆる細胞の元になる細胞であるとともに、毛母に働きかけて毛を作る信号を送ったりと、新しい毛が作られる上で無くてはならない細胞です。

シャンプーの使用を止めると、細胞毒性によって毛包幹細胞の働きが低下していたものが活性化されて、髪の毛がつくりやすくなる。

 

3.頭皮が厚くなり、毛が深い部分でつくられるようになる

シャンプーをすると、表皮のバリア機能を低下させ、頭皮の乾燥が起こり、細胞分裂を止めるようです。

そうなれば、頭皮が薄くなり毛が深い部分で作られなくなり、薄毛化が起きてしまいます。

シャンプーをやめれば、バリア機能が復活して、頭皮が厚くなり、毛が深い部分でつくられるようになる。

 

4.常在菌が増え、頭皮が健康に

シャンプーを使えば、含まれている抗菌剤(例えばパラベン)によって、常在菌が死滅し、普通なら侵入できないマラセチアを始めとした病原性の雑菌が増えて皮膚炎が起きたり、フケがひどくなり、髪の毛の成長を妨げることに。
(マラセチアは皮膚常在菌なんですけどね…)

シャンプーをやめれば、常在菌が増えて、雑菌の繁殖を抑え、健康な髪がつくられやすくなる。

 

記載されてある内容は、本当のところどうなのでしょうか?

全体的には、湯シャンをするとシャンプーでのダメージが減り、頭皮環境には良くなるような気がします…

ところが、他の方の文献などを参照に考えてみると、体質によっては逆に湯シャンをすると悪化することもありますし、界面活性剤はそれ程悪役でもありません。

 

では、それぞれの項目についての信憑性とともに、湯シャンで薄毛が解消するかみていきます。

 

湯シャンをすると薄毛解消になる?湯シャンのメカニズムの信憑性とは。

宇津木院長の著書に記載されてある内容について詳しく見ていきます。

 

1.皮脂腺が退縮し、髪に栄養が行き渡りやすくなる

シャンプーを使用するとどうしても皮脂が取られ、皮脂分泌量を増やさなければならなくなり、皮脂腺が発達・肥大化しやすくなる傾向はあります。

 

皮脂腺が発達した場合、髪の毛を作る組織に栄養が行かないばかりではなく、男性型脱毛症(AGA)になりやすい傾向のある方の場合、皮脂分泌が多くなると、男性型脱毛症に関与する”5αリダクターゼ”という男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)に変える酵素の分泌量が増えてしまいます。

 

このDHTは、毛包(髪の毛の組織)の毛乳頭内のホルモン受容体にくっついて毛包組織の成長を妨げる遺伝子の発現が起こし、髪の毛をどんどん細くさせていきます。

薄毛予防のために皮脂を取りすぎない湯シャンを取り入れ、皮脂腺の発達を抑えるのはまんざら悪くはなさそうです。

 

ただ、これにも問題があります。

いきなり湯シャンに切り替えてた場合、シャンプーによって皮脂コントロールの均衡が保たれていたものが崩れ、頭皮の皮脂量が過多になり、逆にかゆみや炎症等が起きやすくなってしまいます。

 

比較的、頭皮の皮脂分泌量が多い方については、洗浄力が緩めの界面活性剤(例えばアミノ酸系等)が入ったシャンプーで洗いつつ、少しずつ湯シャンを取り入れてもいいかもしれません。

(洗浄力が弱めのシャンプーを使った段階でも頭皮がスッキリしない場合は、肌に残りにくく、弱酸性の”酸性石けんのシャンプー”をおすすめします。)

 

★頭皮クレンジング剤 すっぴん地肌
非イオン系界面活性剤の界面活性剤配合ですが、洗浄力がマイルドな成分でできており、湯シャン用トレーニングに活用できそうです。

すっぴん地肌

・すっぴん地肌の参照記事

 

・酸性石けんとは

 

2. 毛包幹細胞が活発になる

シャンプー細胞毒性によって毛包幹細胞の働きが低下していたものが活性化されて、髪の毛がつくりやすくなると、著書には記載されていましたが….

シャンプーの成分が毛穴に入ることはある可能性がありますが、基本的に水以外でシャンプーの大半を占める界面活性剤は、比較的皮膚に浸透し易いとはいえ、通常の条件ではあまり入りません

シャンプーをやめると毛包幹細胞が活発になるのは…信憑性が低いです。

 

・界面活性剤がどれくらい浸透するかをお伝えしています。

 

3.頭皮が厚くなり、毛が深い部分でつくられるようになる

こちらについては、信憑性が低いです。

シャンプーをすると表皮のバリア機能低下を招いたりするのは、シャンプーの種類や、やり方によります。

(シャンプーのやり方については、前回のハゲないシャンーの使い方に記載しています。)

 

バリア機能低下によって、何らか皮膚刺激を受けたり、ストレスを抱えると皮膚がどんどん皮膚は新しい細胞を周期的に作り出していく”ターンオーバー”が極端に短くなる”乾癬”という病気になってしまうとフケが大量に出たりします。

このような状態になると細胞分裂が低下するよりもむしろ細胞分裂が活発になります。

 

バリア機能低下によって頭皮の厚さが減り、毛根とありましたが、表皮の下にある真皮層と比較したらターンオーバーをしている表皮の厚さは1/10程度しかなく、表皮の厚さが変わったとしても全体的な頭皮の厚さは変化しにくいかと考えられます。

(著者は、外科手術において、シャンプーで清潔にしている頭皮の厚さが違っていたとあったのですが、臨床の現場では違うのでしょうか?今後も調査していきます。)

 

これらの理由から、シャンプーをすると頭皮の厚さが変わるのは…疑問がのこります。

 

4.常在菌が増え、頭皮が健康に

あっている部分はあります。

シャンプーの場合において抗菌剤入りのものではない限り、もともとの防腐剤の含量は少ないため、シャンプーをしている間に洗い流されてほとんど影響はなくなります。

 

しかしながら、シャンプーに含まれる界面活性剤によって、皮膚常在菌のバランスが狂うことがあります。

 

湯シャンを行うと、常在菌のバランスを崩す外的要因が減るため、微生物環境が維持されやすくなります。

 

そういう意味では、湯シャンは頭皮環境維持に役立ちます

 

まとめ

宇津木院長の著書においては、いくつか疑問がある箇所はありましたが、湯シャンでの薄毛対策はやり方を間違わなければ、ある程度効果はありそうです。

(湯シャンをすると、頭皮の皮脂のコントロールをしたり、頭皮環境を整える効果が期待されます。)

 

ただし、湯シャンをしてみて、髪の毛のベタつきがひどくなったり、かゆみがひどくなる場合は要注意です。

そういう場合には、無理をせずにシャンプーを使って、余分な皮脂や垢を落として下さい。

 

非接触皮膚科学を参照にすると、界面活性剤を含んだシャンプーは一切使わない方がいいと記載はされていますが、逆に悪化する場合もあります。

湯シャンを毎日するのではなく、時々取り入れてみてもいいかもしれません。

 

・非接触皮膚科学とは何?

 

ポチッ”とご協力していただけたら嬉しいです。

手作り化粧品 ブログランキングへ

<スポンサーリンク>