<スポンサーリンク>

お金をかけないで究極の美肌を手にいれる

b69ccf6d4bf551c4ab79c0b433e9ded4_s

お金をかけない方法で綺麗になったら嬉しいですよね。

いろいろ試したけど、肌の状態が良くない。
どんなにお金をかけても、シミやシワ等が…
と肌の悩みを抱えてる方も多いかと思います。

実は、”化粧品”や”洗浄剤”が肌に負担をかけているかもしれない。
そんな考え方もあります。

これまで、石けんの使い方をお伝えしてきました。石けんは、洗浄作用が優れていて、汚れがひどい時には大変役立つものです。

ところが石けんを使った場合には、アルカリ性の洗浄作用やほんの微量ではなりますが不純物の脂肪酸などが刺激物となって、皮膚にダメージを与えることがあります。

また、石けんではない他の界面活性剤もいくらかはダメージを与えます。

では、どうすればいいかというと…

使わなければいいのです。

使わないってどうすればいいの?

非接触皮膚科学

という使わない方法や理論を体系的にまとめているサイトがあります。

「肌の弱い人が、一次刺激性物資との接触を断って健康な素肌を取り戻すための生活習慣」を理念として、運営されています。

一次刺激性物質とは何かというと、皮膚のアレルギーとは関係なく皮膚バリア機能を壊したり、ニキビやかゆみ等の炎症作用を引き起こすものとなります。

どんなものが原因物質かというと、界面活性剤、脂肪酸、防腐剤などがあります。これらは、皮膚の常在菌の環境を悪化させたり、表皮のタンパク質を変性させる作用があるとサイトで指摘しています。

⇒簡単ではありますが一次刺激性物質の説明(過去ブログより)

では実際どうやればいいかというと非接触皮膚科学に書かれていますし、書籍にもまとめられています。

非接触皮膚科学では、
 ・基礎化粧品、シャンプー・リンスを使用しない
 ・顔、身体、髪、手は水またはお湯のみで洗う
 ・抗菌剤配合の浴槽用洗剤や、除菌・消臭スプレーを使用しない

など….

一次刺激性物質を断ち、日々これらを守って実践していくということを主体としています。

日常的に化粧品を使わないのですが、
本当に大丈夫なのか…
と不安になりますよね。

”しわ”、”ニキビ”、”シワ”…

何もつけない…でも美肌

illust-1

実際に、非接触皮膚科学の方法を取り入れて、美肌になった方がおられます。

もち肌イブさんです。

もともとは化粧品を使っていた方でしたが、自分に合った方法を探して行った時に、非接触皮膚科学の方法に出会ったそうです。

また、それ以前に宇津木院長の本に出会い、”肌断食”の方法も体験しておられます。

ニキビに悩んでいたそうですが、
3年半経過した現在も、美肌を保持されています。

とてもわかり易くまとめられておられます。
また、いきなり使わない…となるとむずかしいですよね。
お化粧しなければいけないという時もありますよね。
できるだけアイテムを減らして対処する工夫をご紹介されています。

化粧品は基本的には使わないという方向なのですが、肌トラブルのときや洗顔洗髪など便利なものなども合わせて紹介されています。
実践された時に使われたアイテムになります(*3)。

 

ちなみに、化粧品を使わないのは、肌のダメージを減らす以外にもメリットが。

それは、”化粧品にお金をかけなくていい”ことです。

メリットがいっぱいですよね。

 

手作り化粧品ブログランキング1位ありがとうございました。
”ポチッ”とご協力していただけたら嬉しいです。


手作り化粧品 ブログランキングへ

参考文献
*1)非接触皮膚科学
http://hisesshoku-derm.com/
(2016-6-10 閲覧)

*2) 非接触皮膚科学「非接触生活、8つの習慣」
http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo.php
(2016-6-10 閲覧)

*3) もち肌イブ 「ニキビ・湿疹・赤みなどの肌荒れ改善 何もつけない肌荒れ対策」(2016-6-10 閲覧)
http://mochi-hada-eve.com/?page_id=340

肌断食3年半経過:現在の肌の状態

肌断食補助アイテム

 

<スポンサーリンク>