<スポンサーリンク>

皮脂が取れにくい石けんはあります。

dc1f51cc304c734f06fe98ee44de2222_s

石けんの原料である油脂の種類によって、

皮脂の取れやすさが変わってくることを前回お伝えしました。

前回の記事の内容石けんのススメ11

例えば、牛脂(主成分ステアリン酸)配合の石けんは、
皮脂の成分”スクアレン”を落とす反面、
角質層の油分(コレステロール)は保持されるそうです。

石けんをうまく活用すれば、
それほど手肌を荒らさずに洗浄ができそうです。

しかし、お肌が弱っている方や使いすぎには刺激になることがあります。
それは、なぜでしょうか。

石けんの使いすぎはよくない?

64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_s

石けんを短時間だけなら、
界面活性剤成分が付着しにくく、
比較的安全に使用できることをお伝えしました。

石けんって案外大丈夫?

また、工場で精製されて作られた石けんは、
アルカリ性でも皮脂によって、
pHは元に戻ります。

ところが、石けんで念入りに洗うことが日課になっていた場合、
困った問題が起きます。

それは、”皮膚の常在菌のバランス”が崩れたり、
石けんの成分が分解されずにとどまってしまうからです。

皮膚の常在菌のバランスが崩れるとは。

人の皮膚表面は、皮脂で保護されている以外に、
様々な細菌(常在菌)が住み着くことによって、
悪影響をもたらす菌や物質から保護します。

石けんを長期間、念入りに使うことによって、
常在菌が減少しやすい環境になるようです。

その結果、石けんの成分を分解したり、
皮脂の成分を分解する細菌が減少して、
肌に刺激を与える物質が残ってしまいます。

そうすると、炎症などが起きやすくなってしまいます。

普通の石けんの場合は、
菌に対して、”殺菌”というよりは、”除菌”の役割を担います。

菌を洗い流すという役割です。

ちなみに石けんで汚れを落とすと、
短い間でも95%、薬用と書かれた石けんでは98%除菌されたそうです (*2)。

通常は、菌は減っても再度増えてきます。
(確かに、お風呂などでも幾分か菌は減ります。)

ところが石けんの場合は、
除菌された後にpHの変化などがあり、
菌のバランスはなかなか戻りにくい環境になるようです。
過度に石けんに触れていたら、さらにバランスが元に戻りにくいのではないのでしょか。

ちなみに、陽イオン界面活性剤という種類は、
”除菌”というよりは、”殺菌”の役割を果たします。

細菌の細胞壁にくっつけることによって、殺菌します。
殺菌剤として有名なのは、塩化ベンザルコニウムです。

どちらかと言えば、陰イオン界面活性剤よりも
”陽イオン界面活性剤”という種類の界面活性剤を
長期間使用した方が皮膚に影響が大きいと思われます。
(殺菌剤で使われているものよりも作用が弱いですが、
リンス剤や柔軟剤でよく汎用されています)

皮膚の常在菌が減って、
肌に刺激を与える物質ってどういったものでしょうか。

解決するにはどうしたら良いのでしょうか。

⇒肌の常在菌を減らさないためには

 

*1)石けん百科 「洗顔石けんの選び方」
http://www.live-science.com/honkan/jissen/senganerabi.html
(2016-6-1 閲覧)

*2) 石けん百科 「石けんで除菌はできますか?」
(2016-6-2 閲覧)