<スポンサーリンク>

ナチュラル思考の美容書籍を読む機会が

時々あります。

 

界面活性剤に関して、

人体にとっては害のあるものとして

扱われており、知らない方が読むと

猛毒なものであると錯覚しそうに

なりそうな感じがします

(あくまで皮膚だけのお話だけなのですが。)。

 

しかしながら、

この界面活性剤は、

身体にとってなくてはならない

ものなのです。

(身体由来だと剤は取れて、界面活性作

用のあるものとなるのでしょうか)

 

例えば、この界面活性剤の作用がないと、

人は脂肪を吸収出来なくなってしまい、

身体に支障をきたします。

 

肝臓から作られる胆汁酸は、

界面活性剤の作用で脂肪を乳化させ、

消化酵素が働きやすくさせたり、

消化管で脂肪を吸収しやすくする

働きがあります。

 

ある側面では毒物になり、

別の側面では有益なものになる。

 

データを深く読み、

ライターの意図にとらわれず、

客観的に捉え、判断する。

 

欲をいえば、

データの再現性を確認する。

 

他人軸ではなく、

自分軸で歩んでいきたいです。

8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s