<スポンサーリンク>

ホタテ貝焼成カルシウムは食品以外にも使えます。

88610fce995f254c548c47ab607c4604_s
前回の記事にてホタテ貝殻焼成カルシウム(以後、焼成カルシウム)には、野菜を長持ちささせる効果をご紹介しました。

焼成カルシウムは水に溶けた際に水酸化カルシウムになって、溶液がアルカリ性(pH12前後)になります。

この強いアルカリ性によって野菜についた菌を減らし、野菜の日持ちが良くなるということでした。

(メリットと焼成カルシウムの特徴は、前回の記事をご参照下さい。)

その他にいろいろ使えるようです。

洗濯槽と洗濯物の除菌・消臭

焼成カルシウムは水に溶けた際、強いアルカリ性(pH12前後)になります。

洗濯機に入れて洗うと、洗濯層の黒カビ防止鉄さび防止になります。

洗濯物、洗剤と組み合わせて投入することができて、洗濯物の汚れも落ちやすくなります(アルカリ性になるので、中性洗剤を使うときは控えたほうがいいと思います)。

洗濯物もニオイのもとになる菌を洗濯途中に死滅させるので、部屋干しでも生乾きの嫌な匂いの防止になります。

基本的に焼成カルシウムは、水中で溶けて服には付着しないようです。まれに服に白いものが付着することがあるようですが、析出したミネラル分(カルシウム)なので、皮膚に付着しても問題はないそうです(メーカー報告)。

焼成カルシウムを流した排水口自体にも良い効果が。除菌されて、ぬめり取りや悪臭防止になるそうです。
(最終的には流れ出た焼成カルシウムは、環境に問題ない状態になります。)

除菌・消臭として

焼成カルシウムを水で溶かし(目安 焼成カルシウム1gあたり水1L)、浮遊物をコシ布やペーパータオルなどでこした後、スプレーボトルに入れれば、除菌・消臭スプレーになります。

ちなみに除菌効果は、大腸菌、黄色ブドウ球菌が1分以内で99%以上死滅したという報告があります(*1)。

また、タバコやトイレのニオイ消しにも使えるようです。
匂いの元となる有機物を焼成カルシウムのアルカリ性の性質によって中和し、消臭させるようです。

ただし、匂いの成分が複雑な場合(ゴミ等)は、中和すれば臭いが消えるというものではないので、効果が少ない可能性があります。

調理器具や食器の除菌

焼成カルシウムを溶かした後、布巾やまな板をつけおけば除菌ができます(5分〜10分)。

*調理器具の除菌は、家庭用の簡易的なものになります。

お風呂へ

焼成カルシウムを入れるとアルカリ温泉の効果が得られます。
身体の内部まであたたまり、湯冷めしにくくなるようです。

さらに古くなった角質をなめらかにし、ツルツルにする効果や汗から出てくる有機酸を中和するので、体臭予防にもなります。

お風呂に入れる量は除菌や洗濯用途比較して濃度が薄い(目安200Lに対して、3g〜5g前後)ので、アルカリ性の刺激は少なめです。

焼成カルシウムの皮膚刺激はそれほどないといわれておりますが、アルカリ性は皮膚刺激にもなるのでお肌が弱い方は最初少なめで様子をみてお使いください。

手作り化粧品ブログランキング1位ありがとうございました。
”ポチッ”とご協力していただけたら嬉しいです。


手作り化粧品 ブログランキングへ

*1)小山信次(2005)「ホタテ貝殻を有効利用した新 しい 機能性材料の開発と実 用 化 」農林水産 技術研究ジャーナル28(6;38−42)

*2)村田亜悠美, 小尾信 子 ,中平比沙子, 宮原龍郎, 落合 宏 (2008)「ホタテ貝殻焼成粉末の殺菌および殺 イ ンフルエン ザウイルス作用について」富山大学看護学会誌第7巻2号

<スポンサーリンク>