<スポンサーリンク>

私自身、
非接触皮膚科学で紹介されているお湯洗いだけを実践してきました。
http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo.php

お湯洗いとは、
40度前後のお湯だけで、
頭、体などを洗う方法になります。

実践してみて、
確かに

・体の痒みがなくなった
・意外と体臭はしない
・化粧水はそれほど必要と感じない
・お金がかからない

などたくさんメリットがありました。

これは以前、報告させていただきました。

http://wp.me/p7522K-3g

人間古来から界面活性剤に頼ってきたわけでないので、
化粧品は不必要だと思ってきました。
しかし、お湯洗いだけでは洗浄が不十分で、
体についたいわゆる”汚れ”が落ちないという報告も…

石けんとのダイアローグ(補稿更新中)
Anri krand くらんど さんのHPからの
引用になりますが、

さて基本的に洗浄の対象になる皮膚上の成分ですが、
まず皮膚表面に張りついている一日一層落屑するといわれる古い角質です。
つぎに毛穴のなかの皮脂腺から分泌された油脂・脂肪酸・ロウ・ステロールエステル類・スクワレン・その他の炭化水素類・コレステロール、汗腺から分泌された無機塩類・乳酸・尿素・重炭酸など、外から付着して きた灰分・塩類・塵芥・煤煙・鉱油など、さらに毛孔・汗孔・皮膚表面に棲息する常在 菌・微生物などです。

ちなみに湯水であらい流される物質は、汗の成分・塩類・老廃角質・その他の垢成分 のみで、皮脂成分・鉱油・塵芥などの多くは湯水洗いでは落せず、常在菌・微生物・そ の他の細菌も取れません。また人によって常在菌並みに存在する黄色ブドウ球菌も除去できません(*1)。

 

とあるようにお湯洗いだけでは不十分なことも考えられます。

石鹸などを含めた界面活性剤を使わない私でも、家で”墨汁”を扱っていた時に汚れたときや泥など汚れが酷いときはハンドソープ等界面活性剤を使っていました。

(ちなみに、google検索で検索したところ、界面活性剤と石鹸の関係を調べていらっしゃる方もおられれているみたいですが、石鹸は界面活性剤の一種になります。)

手が汚れたときには、何かしら使わないと落ちないのは事実です。。。”

化粧品ではなくても、界面活性剤が入った洗剤は台所などでは欠かせない存在となっています。

界面活性剤を取り上げていますが、界面活性剤以外でも洗浄剤として使われる成分や方法もあったりします。

しかしながら、使い勝手が悪く、食器の洗浄剤として使うとなると界面活性剤入りの中性洗剤が主流ではないかと思います。

話を戻しますが、古来からあって、いちばん身近な界面活性剤と言ったら石鹸ではないでしょうか。

石鹸は安価で、水(水道水など日常に使う水)に溶けてもバクテリアにて石鹸の脂肪酸部分が分解されるので、環境自体にも比較的よい界面活性剤になります(*2)。

しかしながら、石鹸はアルカリ性の陰イオン界面活性剤になり、洗浄力が比較的強い成分となります。

使い方の注意としては、
・ 短時間で使用する
・ 薄い濃度で使用する

あと、
・ 無香料の単純な純石鹸(”アルカリ性”)
を使用する

がポイントとなります。

(さすがにもとから重篤な皮膚疾患ある方は、使わないほうがいいかもしれないですが…)

なぜ、そうなのかを次回説明していきます。

⇒次回:石鹸って危いもの?石鹸を洗顔などで扱うには。 〜石鹸のススメ3〜

”ポチッ”とご協力していただけたら嬉しいです。


手作り化粧品 ブログランキングへ

参考文献
*1 石けんとのダイアローグ(補稿更新中)
Anri krand くらんど
http://www.sekkengaku.com/dia/jakusansei.html#s3-1

*2 wikiペディア 石鹸より
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E9%B9%B8

 

 

<スポンサーリンク>