<スポンサーリンク>

界面活性剤の悪影響の一つとして、
タンパク質の立体構造の破壊(変性)があるといわれています。

界面活性剤でも変性作用が起きやすいものと
起きにくいものがあります。

変性作用が起きにくいものは、
比較的体にマイルドです。
(ただし、皮膚の弱い方は、確認が必要ですが。。)

実は簡単に変性作用を調べる方法があったりします。

<スポンサーリンク>