<スポンサーリンク>

次亜塩素酸水とは

5df346244a57cb5f683f5a0b62c2940c_s
前回の殺菌剤の種類は?手肌に優しい殺菌剤はあるの?にて、次亜塩素酸水について少しお話させていただきました。

今回、話題の弱酸性次亜塩素酸水について取り上げてみます。
(”弱酸性”の代わりに”微酸性”とも記載されています)

弱酸性次亜塩素酸水は、言葉の通り、pHが酸性状態の次亜塩素酸水です。

下記の図1のように次亜塩素酸水は、pHによって存在形態が変わります(*1)。

次亜塩素酸水 存在比
図1.次亜塩素酸の存在比(*1)

強酸性(pHが1〜3)の場合は、Cl2となり、塩素ガスが発生します。

反対にアルカリ性(pHが8以降)になると、ClO-(次亜塩素酸イオン)が増えます。
ちなみに、pHがアルカリ性の”次亜塩素酸含有水”は、漂白剤の次亜塩素酸ナトリウム溶液となります(ナトリウムが含まれている場合)。

pHが 5付近の比較的穏やかな酸性弱酸性)になると、HClO(次亜塩素酸)分子が増えます。

下に作用機構を書いていますが、一般的にClO-よりもHClOが殺菌効果が強く、特にpH5〜6.5付近のものが殺菌力が最も高いとされています。
市販の”次亜塩素酸水”も、このpHでつくられています( *2)。

次亜塩素酸水のいいところ

・台所でも使える。お肌に優しい

生体に対する安全性確認されている(*3-6)
⇒マウス、ラットを用いた経口投与、眼刺激試験、皮膚感作試験を実施したところ、水道水と安全性に差がないことがわかっています(その時に使われた塩素の濃度200 ppm)。
厚生労働省も安全性を確認済みです(*7)。

噴霧吸入しても問題ない(*3,*8, *9)。
⇒吸入した時に、体重、血液、肺などの異常がない。
加湿器でも使える!

基本的には、次亜塩素酸分子(HClO)は不安定な分子で、有機物に触れるとすぐに分解されて水分子になります。水分子に戻るため、安全がかなり高いものになります。

・抗菌作用が広い(いろいろな種類でも使える)、カビ、ウイルスでも使える
⇒大腸菌、黄色ブドウ球菌、カンジダ菌など(*3)やインフルエンザウイルス、ノロウイルス感染予防の実績があります(*9)。

50ppmの弱酸性次亜塩素酸水、15秒程度の漬け置きで菌が死滅することが確認されています(条件:上記菌液 約2×10^7 cfu/mL 2mL菌液、50ppm 弱酸次亜塩素酸水 1.8mL, *)。

作用機構として、次亜塩素酸溶液は、弱酸性になると分子型の”HClO”の次亜塩素酸分子になります。
この分子は、細菌の細胞膜に反応せずに直接細菌内部のDNA、タンパク質を攻撃します。
下図2は、細菌の図になります。
アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウム溶液に入っている次亜塩素酸イオン(ClO-)は細胞膜と同じ陰イオンのため、細菌内部に入りにくいです。ところが、次亜塩素酸分子(HClO)は細胞内部に入り込める性質を持つので、次亜塩素酸ナトリウムよりも効率的に殺菌できます。

図1

図2.細菌への次亜塩素酸の作用(*2)

ちなみに、HClOは、白血球が外来の異物を攻撃する時に出すものと同じ成分になります。生体のシステムでも使われている成分なので、比較的安全なものなのではないでしょうか。

・脱臭効果がある
⇒生ゴミ処理場や肥料工場での脱臭効果の実績あり(*9)。

調理器具の殺菌の他に、手肌の殺菌、ドアノブなど様々なところにふりかけて使えます。すぐに殺菌効果がなくなるので、手肌にはうれしいところ。

また、加湿器にも使えるので、冬場のインフルエンザ対策にもいいかもしれないですね。

手作り化粧品ブログランキング1位ありがとうございました。
”ポチッ”とご協力していただけたら嬉しいです。


手作り化粧品 ブログランキングへ

参照文献
※1)丹保憲仁,小笠原紘一 (1999) 浄水の技術,101-106,技報堂出版
*2) 福崎智司(2010)次亜塩素酸ナトリウムを用いた洗浄・殺菌操作の理論 と実際調理食品の技術, 調理食品と技術, 1-4
*3)小野智子 (2014)「弱酸性次亜塩素酸水溶液の殺菌効果の基礎的検討および食品・畜産分野への適用に関する研究」8-9
*4) 試験報告書 (2001)ラットを用いたスーパー次亜水の経口投与試験, 岡山大学歯学部小児科, 社内資料
*5) 試験報告書 (2001)ラットを用いたスーパー次亜水の噴霧試験 ,岡山大学歯学部小児歯科 ,社内資料 .
*6) 試験報告書 (2001)ラットを用いたスーパー次亜水のラットを用いた皮膚刺激試験 ,岡山大学歯学部小児歯科 ,社内資料
*7)ウィキペディア 微酸性電解水
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%AE%E9%85%B8%E6%80%A7%E9%9B%BB%E8%A7%A3%E6%B0%B4
(2016-06-15参照)
*8) 三宅真名 ,山下光治 (2003)ラットにおける噴霧弱酸性次亜塩素酸水吸入による血液一般及び生化学値に及ぼす影響,実験動物と環境,11,(1),42- 47.
*9) 鈴木大輔 ,野澤康平 ,米崎孝広 (2 0 13)中性電解水で加湿した空気供給によるラット亜慢性吸入毒性 ,実験動物と環境 ,21,(2),99-10 8.

<スポンサーリンク>