<スポンサーリンク>

湯シャン用の手袋って100均の綿手袋でもいいのでしょうか…

湯シャン(シャンプーを使わずにお湯だけで洗髪をすること。お湯洗い)を実践している方の困りごとで多いのは、”フケ”、”ベタつき”で、獣毛ブラシ布製の手袋の併用をすることで改善されます。

とくに布製の手袋を使うとお湯洗いの髪の毛の絡まりが改善され、頭皮がよりよく洗える環境を整えることができます。なので、洗髪するときには、素手よりも手袋でやることをおすすめします。

ネットで検索すると、100均や量販店でよく見られる白い綿手袋を活用されている方が結構いらっしゃいます。確かに100均手袋でも十分髪に付着している垢は取れ、指通りは改善されますが、手袋の加工過程で使用感や見た目を良くするために様々な処理剤が使われています。それがどれだけ影響するかは人それぞれですが、肌が弱い方ついては避けた方がいいかもしれません。

⇒湯シャンを行う際の手袋の効果について詳しく(湯シャンは、綿手袋をはめてやっています)

⇒湯シャンブラッシングのやり方(湯シャンの前のブラッシングを忘れないで)

おすすめの綿手袋とは…

それでは、綿手袋とはどんなものがいいのでしょうか?
これまで度々紹介している”非接触皮膚科学”のサイトでは、柔軟剤不使用、化学処理をしていないオーガニックコットンの手袋が推奨されています。

ところが、オーガニックコットンでよければなんでもいいかといえば…そうでもなかったりもします。

試した綿手袋その1

・マザーハンドオーガニックコットン ラッシュ


身体洗い用のオーガニックコットン(マザーハンドオーガニックコットン ラッシュ)を使ってみました。洗髪時手にフィットして洗い上がりにも問題はなく、ベタつきの改善には効果はありました(完全にレディース向けです。手が小さい私でもぴったりフィットして密着した感じでした。上の手袋の写真参照。)

ところが、きちんと作られて破けにくい感じはあるのですが…乾燥させるときに分厚くてなかなか乾きにくい
複数枚あったら問題は無いかと思いますが、乾きにくさの点で次の薄手の手袋を使ってみました。

試した手袋その2

・オーガニックコットン天衣無縫 UVカット手袋・エステ オフホワイト フリー

お風呂用ではありませんが、お休み時やお出かけ時で使う薄手のオーガニックコットン手袋を使ってみました。
こちらの方はマザーハンド手袋に比べて薄手で柔らかく、指先にゆとりがあるので、比較的手の大きい方でも利用できそうです。
(指先にゆとりが結構あります。伸びるので、それほど手の大きくない男性の方でも大丈夫そうです。上の写真参照)

Amazonのレビューを確認したところ、ゆとりがあり、作りが丁寧で軟らかく、手触りが良いとのこと。
(ちなみに、茶色の原種のコットンで色違いのオーガニックコットン天衣無縫 UVカット手袋・エステ ブラウン フリーのレビューを参照しました)。

またこちらの手袋は、金額も800円台と比較的お手頃。

消耗品破けるのは仕方がないのですが、なるべく長持ちさせるさせるには爪先というよりも指の腹で洗う感じがいいのかもしれないです。(その方が、頭皮にも優しいのかも…)
私としては、こちらの”オーガニックコットン天衣無縫”をおすすめします。

手袋番外編

綿の手袋を紹介しましたが、湯シャンでは絹の手袋は好評のようで、ブログなどでよく見かけます。
私も使ってみましたが、たしかに髪の毛のベタつきがかなり改善されました。
”非接触皮膚科学”では、引っかかりが少ないので、一次刺激物質等が取れている感じがあまりしない…とありました。物理的な摩擦が少なくても、表面のアカ(フケ)や脂質が絹の表面に付着する性質があるので、ある程度は取れるのではないかと思っています(あくまで推測ですが…)。
以前、ブログで紹介したので、気になるかはこちらを御覧ください。

⇒湯シャンで絹手袋を使って

ポチッ”とご協力していただけたら嬉しいです。


手作り化粧品 ブログランキングへ

<スポンサーリンク>