<スポンサーリンク>

ヘアーサイクルの制御が、

育毛のターゲットになりうる例として、

よく知られている育毛剤成分

ミノキシジル(商品名、リアップ)

があります。

ミノキシジルは、

毛包(毛の組織)にある毛乳頭細胞の

特定の部分(受容体)に結合すると、

細胞を活性化させる物質を出します。

活性化させる物質というのは、

増殖因子、(または、成長因子

growth factor)と

いうものです

(関与する因子には、FGF-7等)。

その後、成長因子のシグナルを受け

取った毛母細胞は、細胞分裂・

増殖が活発となり、

毛(毛幹)をつくるようになります。

(決定的な作用機構は、不明です。

育毛に関与する作用の一部を

紹介してます!)

実際に、サル(ベニガオザル)を

使った試験で、

ヘアーサイクルのうち、

成長期(髪の毛が作られる期間)が

延長したこと

が報告されています。

(しかも、脱毛部位にて。)

成長期が延長した効果を確認・

測定することが

人においてなかなか難しいため、

代替策で対応しているようです。

実際に活用されやすい例を

次回報告いたします。

参考文献:

毛の悩みに応える皮膚科診療-毛髪最前線

<スポンサーリンク>